機体諸元
Vf-1j-battroid.jpg
Battroid mode in standard colors
テンプレート:Colour
設計・製造 ストンウェル / ベルコム社共同開発
全長 ファイター:14.23m
ガウォーク:11.3m
バトロイド:4m
全幅 主翼展張時:14.78m
主翼後退時:8.25m
バトロイド:7.3m
全高 ファイター:3.84m
ガウォーク8.7m
バトロイド:12.68m
空虚重量 13,250kg
エンジン (主機)新中洲重工 / P&W / ロイス
 FF-2001 熱核反応タービン×2
(副機)液体ロケットブースター×3
エンジン推力 (主機)11,500kg×2
(副機)8,333kg
最高速度 M2.81(高度10,000m)
M3.87(高度30,000m以上)
標準武装 マウラー ROV-20 11mm対空レーザー機関砲×2
ハワード GU11 55mm3連ガトリングガンポッド×1
選択装備 大気圏外用スーパーパーツ
プロテクターウェポンシステム
AMM-1 対空対地ミサイル×12
UUM-7 マイクロミサイルポッド×4
RMS-1 大型対艦反応弾
他多数
乗員人数 1名
  

Battroid mode in Hikaru Ichijyo colors

Battroid mode in Milia Fallyna Jenius colors

Battroid mode in Maximilian Jenius colors

Fighter mode in standard colors

Fighter mode in Maximilian Jenius colors

Fighter mode in Hikaru Ichijyo colors

Fighter mode in Milia Fallyna Jenius colors

GERWALK mode in standard colors

GERWALK mode in Hikaru Ichijyo colors

GERWALK mode in Milia Fallyna Jenius colors

GERWALK mode in Maximilian Jenius colors

Valkyrie booster

Tmb vf 02.jpg

新中洲重工がライセンス生産の際、A型の火力不足を補うため頭部ユニットを九星重工製の武装強化型へと換装したタイプ。頭部両側面にROV-20を各1門装備、連装となり、頭部そのものが砲塔として旋回を、左右各砲基部が俯仰を行う。最大仰角は180度であり、真後ろを指向することも可能である。元々はA型同様通常量産機だが、生産地区が限られていたため配備数は少なく、主に小隊長機、エースパイロット機として運用されることが多かった。また初期はアーマード・バルキリーに換装可能なのはJ型のみであった[1]。なおJは「JAPAN」を意味しており、生産区域を表している。
一条輝が入隊からS型に乗り換えるまで使用し、作品における主役メカ的存在である。後にマックスミリア夫妻が青赤の機体を使用した(ミリア機は『マクロス7』にも登場している)。劇場版ではアーマード機が1カット映るのみ。『マクロスプラス』には模擬戦に登場している。

脚注[編集 | ソースを編集]

テンプレート:脚注

  1. アーマードパーツはバトロイド時にしか装着できないため、変形機構に不良を来したJ型がアーマードバルキリー用に供されたとしている資料もある。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。